半導体技術を中国に流出 韓国検察が元研究員ら5人を起訴

サムスン電子の子会社「セメス」が開発した「半導体洗浄装置技術」を中共系企業に流出させた疑いで、元研究員ら5人が起訴されました。

韓国検察は16日、サムスン電子の子会社セメスが開発した世界初の「超臨界半導体洗浄装置技術」を中共に流出させたとして、元研究員ら5人を起訴したと発表しました。

このうち、セメスの元研究員AとB、中国に技術を流出した中国籍のブローカーC、セメスの協力会社代表Dら4人が、産業技術保護法違反および不正競争防止法違反容疑で逮捕・起訴され、セメスの協力企業社員1人は在宅起訴されました。

サムスン電子は、中共に技術を盗まれることが最も多い外国企業の一つです。

昨年10月、韓国の全国経済人連合会が発表した「韓国の先端技術の保護レベルに関する意見調査報告書」によると、韓国の産業界は毎年、技術流出によって約56兆2千億ウォン(約5兆6千億円)の損失を被っていることが明らかになりました。 これは、2021年の韓国のGDP1.4兆ドルの2.7%、2020年の韓国の研究開発費総額650億ドルの60.4%に相当します。

専門家の9割が、技術の流出と保護分野において、中共を最も警戒しなければならないと警告しています。

 
 

法輪功創始者発表「なぜ人類が存在するのか」

法輪功創始者発表「なぜ人類が存在するのか」
NTD(新唐人テレビ)スペシャル番組 ...
続きを読む >
 

神韻、東京公演も満員御礼 ウクライナ大使「芸術の真髄」

神韻、東京公演も満員御礼 ウクライナ大使「芸術の真髄」
24日、日本で巡回公演中の神韻芸術団 ...
続きを読む >
 

内部情報「中共党員の1割が死亡」

内部情報「中共党員の1割が死亡」
英BBCの記者が最近中国北部の村を訪 ...
続きを読む >