動乱の予感? 住民は包丁を持ち出してコロナ政策に対抗

中共当局は、第20回共産党大会後、いわゆる「コロナ対策最適化措置20条」を打ち出しましたが、各地では大規模なPCR検査や非人道的な封鎖管理、大規模な仮設隔離施設の建設などが進められ、人々の不満を引き起こしています。

内モンゴルフフホトの住民
「朝早くから扉を叩かれて、彼らと話をしようとしたが、彼らは扉をこじ開けた。大勢が入ってきて刃物を振り回し、十数人が私たち夫婦を殴った。娘はびっくりして怖がっている。私たちは陽性ではない。もし陽性になったら、包丁で私たちの頭を切り落とすのではないか?」

ネットユーザーによると、内モンゴル自治区フフホト市では仮設の集中隔離施設が大量に新設されていますが、当局は施設を陽性者でいっぱいにするのが目標だといいます。居住区では、陽性者が1人見つかると、ビル全体の住民が強制的に隔離施設に送られ、警察が来て隔離を拒絶する住民を連れて行くといいます。

内モンゴルフフホトの住民
「私が濃厚接触だと言いたいのなら、PCR検査担当のあなたは、私が陽性なら、あなたは濃厚接触者ではないのか?」

警察の代表
「ええ」

内モンゴルフフホトの住民
「あなたは濃厚接触者ではないのか?」

警察の代表
「ええ」

重慶
「PCR検査だ」

当局が11月10日にいわゆる「コロナ対策最適化措置20条」を打ち出してから、各地では大規模なPCR検査や非人道的な封鎖管理、大規模な隔離施設の建設などが進められています。

広東省広州市では、重症患者は一例も報告されていないにもかかわらず、当局は17日、隔離施設の建設を加速し、24万人以上を収容する計画を発表しました。

広州市民 安さん
「過度の防疫措置だ。彼らは自分たちの将来に響くことを恐れている。だから厳しく管理している」

広州市民 魏さん
「隔離施設の建設は3年間ずっと続いている。今日はここを掘って、明日はあそこを掘る。なぜかと言うと、儲かるからだ。財政から金を引き出して、納税者の金を自分の懐に入れるのだ」

中共当局は民衆の生活と経済を無視し、「ダイナミック・ゼロコロナ」政策を続けていますが、感染者数は増加する一方です。17日、当局は新規感染者数が再び2万人を突破したと発表しましたが、実際の数字は不明です。

中共武装特殊警察のパトロールカー
「武装パトロールを実施する。次のことを知らせる。1、防疫規定を厳守すること」

時事評論家 文昭氏
「中国共産党のこの種のスローガンは昔からあります。 実は責任逃れのためのトップダウンの政治戦術なのです。 問題が起きたら、指導層は、しっかり執行しなかったとして、下に責任をなすりつけます。あえて大胆な予想をするならば、このコロナ対策最適化措置と三つのゆるぎない政策を同時に発表したことは、つまり、中国が動乱のリズムに入ったことを宣言したことに等しいと言えるでしょう」

 
 

北京で「反動」横断幕 世界的なニュースに

北京で「反動」横断幕 世界的なニュースに
中国共産党第20回党大会の開幕を3日 ...
続きを読む >
 

北京の横断幕事件 26歳男性が呼応 海外でも声援活動

北京の横断幕事件 26歳男性が呼応 海外でも声援活動
北京では13日、高架橋に反中共の横断 ...
続きを読む >
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >