北京で「反動」横断幕 世界的なニュースに

中国共産党第20回党大会の開幕を3日後に控える13日、北京市内の高架橋に、当局の独裁を批判する巨大な横断幕が掲げられました。

10月13日午前、北京市海淀区の高架橋「四通橋」に、習近平総書記と当局を批判する「反動スローガン」が書かれた大型横断幕が2枚掲げられました。 横断幕を掲げた者はさらに、橋の上で物を燃やして通行人の注意を引き、横断幕に書かれた内容を拡声器で流しました。

まもなくして、消防車と大勢の警察官が出動しました。横断幕が撤去され、抗議者は逮捕されました。

動画によると、1枚目の横断幕には「PCR検査は要らないご飯が欲しい!封鎖は要らない自由が欲しい!嘘は要らない尊厳が欲しい!文革は要らない改革が欲しい!領袖は要らない選挙が欲しい!奴隷になりたくない国民になりたい」と書かれています。 2枚目の横断幕には、「ストライキだ! 独裁者で国賊の習近平を罷免せよ!」と書かれています。

横断幕に書かれた内容は、拡声器を通して繰り返し流されています。

拡声器
「ご飯が欲しい、自由が欲しい、投票が欲しい!」

横断幕が掲げられた四通橋は、中国人民大学とフレンドシップホテル(友誼賓館)に隣接しており、北京市の交通の要衝です。横断幕の写真や関連動画はSNS上で拡散し、話題となりました。

横断幕を掲げた男性はネットユーザーから「新時代のタンクマン」と称され、「真の中国の男だ」と称賛されています。

人権弁護士の王宇さんは、「中国に男がいないなんて誰が言った? 真の勇士だ!」とツイートしました。

あるネットユーザーは、「四通橋に雷が鳴った。10億人の中の男だ」と賞賛しました。

また、横断幕を掲げた男性の身の安全が心配されています。ネット上の情報によると、四通橋で抗議行動を起こしたのは「彭載舟」という男性の可能性があり、この男性は13日午前4時に「もうすぐ行動を起こす。広くリツイートしてくれると嬉しい。ありがとうございます!」とツイートしています。

パトカーの中から撮影されたとされる映像には、警察官が煙が上がっているところに向かって走っていく様子や、横断幕が映っています。この映像は後に削除されました。

一方、この事件に関するトピックは、当局によってすぐにブロックされました。

あるネットユーザーは「この橋のおかげで、数多くの微博や微信のアカウントが吹っ飛んだ。これは、どんなに暗い時代でも、松明を持って夜空を照らす人がいることを表している。 たとえ一瞬で消滅しても・・・」とツイートしています。

別のユーザーは「今日、微博では『勇士』という言葉が検閲対象になった」とコメントし、「複数のアカウントで試した結果、『勇士に敬意を表する』などの言葉を投稿したりリツイートすると、微博にブロックされる可能性がある」との書き込みも見られました。

現在、「橋」「北京」「勇敢」などのワードは微博で検閲対象となっています。

あるユーザーは、「見たよ!」とだけ投稿しましたが、アカウントが60日間投稿禁止になったといいます。

当局が必死に封鎖しても真実の拡散を止めることはできないようです。事件の映像や写真は瞬く間に広がり、世界が注目する大ニュースとなりました。

事件は、ロイター、BBC、CNN、AP通信など、多くの国際メディアで取り上げられ、大きな反響を呼んでいます。

オーストラリア放送協会(ABC)の特派員、ビル・バートルズ記者は、現場からの一連の画像をシェアし、「第20回共産党大会を前にした北京海淀区で、珍しい抗議行動が発生した」とツイートしました。

 
 

法輪功創始者発表「なぜ人類が存在するのか」

法輪功創始者発表「なぜ人類が存在するのか」
NTD(新唐人テレビ)スペシャル番組 ...
続きを読む >
 
 

神韻、東京公演も満員御礼 ウクライナ大使「芸術の真髄」

神韻、東京公演も満員御礼 ウクライナ大使「芸術の真髄」
24日、日本で巡回公演中の神韻芸術団 ...
続きを読む >
 

内部情報「中共党員の1割が死亡」

内部情報「中共党員の1割が死亡」
英BBCの記者が最近中国北部の村を訪 ...
続きを読む >