奴隷労働に関する国連報告書 中国の強制労働がクローズアップ

国連の国際労働機関(ILO)は9月12日に発表した報告書の中で、世界全体で現在、2700万人以上の人が強制労働に従事させられていると指摘し、新疆ウイグル自治区の人権問題が再び注目されています。

国際労働機関が12日に発表した現代の強制労働に関する報告書によると、2021年末の時点で,世界全体で少なくとも2760万人が毎日自分の意思に反して強制労働に従事しており、そのうち330万人以上が子供であることが明らかになりました。

報告書ではまた、新疆ウイグル自治区の人権問題に関する国連の最新報告書を引用し、中国における強制労働について懸念を示しました。

国連人権高等弁務官が8月31日に発表した新疆における人権問題に関する報告書では、中国共産党が新疆で強制労働など深刻な人権侵害を行っており、人道に対する罪に相当する可能性があると指摘しています。

米国では今年6月、2021年に成立した「ウイグル人強制労働防止法(UFLPA)」に基づく輸入禁止措置が施行されました。UFLPAにより、米国では新疆ウイグル自治区で強制労働によって生産された奴隷労働製品を輸入することが禁止されました。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >