「メイド・イン・チャイナ」タグを取り外した米企業に罰金=米連邦取引委員会

米ユタ州にある衣料品会社が、連邦取引委員会と係争中です。

この会社は「ライオンズノットシープ(羊ではなくライオンであれ)」という衣料品販売会社です。連邦取引委員会は、この会社に20万ドル(2600万円)以上の罰金を科しました。理由は、同社が衣料品を米国製と偽って販売したためです。

連邦取引委員会によると、同社は衣料品が「メイド・イン・チャイナ(Made in China)」またはその他の国で製造されたことを示す衣料品タグを取り外し、「メイド・イン・USA(Made in USA)」と書かれた偽物のタグに取り替えました。

罰金に加えて、この衣料品会社は虚偽の主張をやめること、そして海外生産のパイプラインについて明らかにするよう命じられました。

同社はオンラインで事業を展開しており、主にTシャツ、スウェット、ジャケットなどを販売しています。

〈字幕版〉

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >