スターバックス 「中国事業不振はゼロコロナ政策が原因」

米コーヒーチェーン大手・スターバックスの中国での売上は第2四半期に急落しました。その主な原因は、中国の厳しいコロナ規制によるものだとしています。

4月から7月3日までの3か月間で、中国で13か月以上営業しているスターバックスの店舗の売上は、44%という大幅な落ち込みとなりました。

スターバックス中国の会長は、中国のゼロコロナ政策の下で実施された移動規制と都市封鎖が原因だとしています。

スターバックスにとって最大の中国市場は上海で、この四半期の約3分の2の期間は完全に閉鎖されていました。

中国での収益不振により、同社の海外売上は第2四半期に18%減少しました。

スターバックスは、中国を最も重要な市場のひとつと考えており、中国で5,700以上の店舗を展開しています。

〈字幕版〉

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >