英国企業の中国離れ

英国の産業連盟の責任者が、英国企業が中国から撤退しつつあることを認めました。その理由と、撤退の背景を詳しく見てみましょう。

英国企業は中国(共)との関係を断ち切ろうとしています。政治的緊張の高まりに関連した懸念のためだと報じられています。

英国産業連盟の事務局長を務めるトニー・ダンカー氏は、6日、彼が話をした全ての企業がサプライチェーンを見直していると述べました。その理由は、「彼らは、英国の政治家が中国から切り離された世界に向けて加速することは避けられないと予測している」からだとしています。

中国は昨年、英国にとって最大の輸入先であり、全体の13%を占めていました。

しかし近年、英国の安全保障に対する懸念が高まっています。香港をはじめとする多くの意見の相違が原因です。

先日、英国の情報機関の責任者は、中国(共)がテロ対策よりも安全保障上の最大の関心事になっていると述べました。

英国はまた、国家安全保障を理由に、中国(共)による企業買収を阻止することも増えてきています。

その上、英国の次期首相候補の面々は、中国(共)に対して一層厳しい態度を取るつもりであると述べています。

ダンカー氏は、米国の影響力も一役買っていると述べました。中国に対する米国の懸念が強まったことで、英国企業が中国のサプライヤーに依存することに警戒心を抱くようになったと指摘しています。

〈字幕版〉

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >