上海市公安局から10億人分個人情報漏洩の疑い

上海市公安局のデータベースから10億人の個人情報と犯罪歴に関連するデータが漏洩した疑いが発生しました。この事件は1949年以来、過去最大の情報漏洩事件となる可能性があります。このニュースは微博(ウェイボー)のトピックスにも上がりましたが、この件に関する投稿や見出し語は立て続けに削除されました。

上海市公安局のデータベースから大量の個人情報が漏洩した疑いがあることが分かりました。10億人分の氏名、年齢、住所、携帯電話番号、身分証番号のほか、犯罪事案の状況などが漏洩した可能性があり、インターネット上で焦点となっています。一方で、当局はこの話を否定していません。詳細については今後の検証が待たれます。

テレグラムのチャンネルで7月2日、公安局が23.88TBのデータがハッキングされ、資料を取得する場合10ビットコインを支払う必要があるとの話が伝えられました。中国のQ&Aサイト「知乎」の個人メディア「二師兄」も文章を投稿し、「ChinaDan」というIDが6月30日、インターネットのあるフォーラムに、上海のある機関(SHGA.gov.cn)からリークした情報を20万ドルで売ると発表したと伝えました。しかし、この投稿は知乎からすぐに削除されました。

ある投稿には、今回の漏洩事件は1949年の共産中国設立以来最大の漏洩事件になる可能性が高いと指摘し、上海の公安系統のクラウドサービスは使用上非常に大きなミスがあり、今回の漏洩が「永久的かつ回復不能な結果をもたらす」可能性があると判断されたとあります。多くのネットユーザーもその情報を通じて、この件が根拠のない話ではないと判断しました。

あるネットユーザーは一部の無料のデータベースから、警察関連情報の中の強姦等の情報を検索したところ、未成年者に対する強姦が、強姦事件の中でかなりの割合を占めていることを発見しました。またあるネットユーザーは、「ランダムに1つの事件を選ぶだけでウェイボーでトレンド入りすることができる。当局は一体どれだけの罪を隠しているのだろう」と投稿しています。

このニュースはウェイボーのトピックスにも上がりましたが、「上海データベース」や「データ漏洩」といった関連のワードや見出し語は次々と削除されました。

 
 

北京で「反動」横断幕 世界的なニュースに

北京で「反動」横断幕 世界的なニュースに
中国共産党第20回党大会の開幕を3日 ...
続きを読む >
 

北京の横断幕事件 26歳男性が呼応 海外でも声援活動

北京の横断幕事件 26歳男性が呼応 海外でも声援活動
北京では13日、高架橋に反中共の横断 ...
続きを読む >
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >