小麦やニンニクで住宅が買える? 不動産業者の販促キャンペーン

中国経済の柱である不動産市場が急激に悪化しています。新築住宅の価格も下落していますが、購入者の財布のひもは堅いままです。販売促進のために不動産開発業者は様々な方法を考え出しています。河南省の不動産開発業者は、小麦やニンニクを頭金として代用できるキャンペーンを始めました。

このキャンペーンは主に中国の農民を対象にしています。河南省の不動産会社2社は、購入者が物件の頭金としてニンニクや小麦で取引できるように提案しています。

小麦1キロにつき4元(約80円)として計算し、最大で16万元(約300万円)を小麦で代用することができます。

中国各地の都市は今年、不動産部門を活性化させるために何百もの緩和策を導入しています。最も多く見られるキャンペーンは、駐車場の無料化やリノベーションなどです。

しかし、広範囲で実施されているゼロコロナ政策は、購入者の意欲を減退させています。

〈字幕版〉

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >