台湾の病院が医師2名を解雇 中国本土で臓器移植手術に加担

台湾のある病院は6月10日、2人の医師との雇用契約を更新しないことを発表しました。二人は病院に報告せずに、中国本土で臓器移植手術を繰り返し行いました。

台湾の彰化キリスト教病院は声明を発表し、「中国共産党は、生きている人間からの強制臓器摘出を続けている。その対象はチベット人、ウィグル人、キリスト教徒、そして最も多いのが法輪功学習者である」と述べています。

声明では、2人の医師が中国で臓器移植手術を複数回行っており、透明性のある追跡可能な臓器提供元に関する規定に反していると指摘しています。病院側は2人が医療倫理に違反したことを懸念しています。

中国で行われている強制臓器摘出は、近年ますます批判を浴びています。米国務省が発表した2021年版「信仰の自由に関する国際報告書」は、国連関係者の言葉を引用し、中国の強制臓器摘出を強調しました。さらに、法輪功学習者、ウィグル人、チベット人、イスラム教徒、キリスト教徒など、中国で拘束されている臓器収奪対象グループを列挙しています。

先月、欧州議会は中国の臓器狩りを非難する決議を可決しました。これは、欧州議会が過去10年間に可決した3度目の同様の決議になります。

〈字幕版〉

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >