米国内 初のレアアース分離施設建設

ワシントンは、中国への依存度を下げるため、新たな一歩を踏み出そうとしています。

米国は、国内初となるレアアースの分離精製施設を建設します。米国防総省は先週、豪州のライナス・レア・アース社(Lynas Rare Earths Ltd)と1億2,000万ドル(約163億円)の契約を結びました。

これは、レアアースのサプライチェーンにおける中国の支配に対抗するためのワシントンの取り組みの一環です。

レアアースは、特定の軍装備品の製造に不可欠です。電気自動車や風力タービン、光ファイバーケーブル、家電製品の部品などにも使われています。

ライナス・レア・アース社は、豪州で採掘・精製したレアアースを米国に輸出します。その後、(米国内で)商業用に加工されます。この施設は、2025年の操業開始を目指しています。

中国との関係が悪化した場合、この施設がなければ、米国は重要鉱物の供給が断たれる可能性があります。

今回の提携により、中国が生産サイクルから完全にバイパスされることが期待されています。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >