上海の空港で多くの人が立ち往生

多くの人が上海からの脱出を試みています。しかし、ロックダウンが原因で多くのフライトがキャンセルとなり、空港で1か月以上寝泊まりしている人もいます。感染症対策により、空港に戻れなくなることを危惧しているからです。

世界でも有数の規模を誇る上海浦東国際空港は、パンデミック以前の年間旅客数は7000万人以上で、1日平均約20万人が利用していました。

しかし現在、中共当局の厳しい感染症対策の下、ほとんどのフライトが欠航しています。

その結果、多くの旅客が空港で寝泊まりしながら、目的までのフライトを待つという方法を選択しています。フライトが急遽キャンセルされるということが繰り返されているからです。中には、1か月以上空港に寝泊まりしている人もいます。

しかし、なぜ空港内で寝泊まりをするのでしょうか?

たとえ上海市内に宿泊先があったとしても、ロックダウン措置により、空港に戻ることができなくなる可能性があるからです。バスや地下鉄が動いていないうえ、市内の至る所に検問所が設置されており、さらに移動には48時間以内のウイルス検査の陰性証明が必要です。

中共メディアは、フライトのキャンセルはほとんどが国内線だと報じています。国際線が急遽欠航になることはほとんどありません。

ある乗客のSNS投稿によると、空港で立ち往生している人たちのほとんどは、寝泊まりの準備をしていないそうです。幸運にも、パッド入りの椅子に座ることのできた人もいますが、その他の人たちはヨガマットやスーツケース、毛布、コートの上で寝ているといいます。ようやく飛行機に搭乗することができた人たちは、食品や空港での寝泊まりに必要な物を、空港に着いたばかりの人に残して行きました。

空港の売店はすべて閉まっています。職員がカップ麺を売っていますが、一人1日2つまでと制限されています。 長春行きの飛行機を待つある高校生は、連日カップ麺を食べ続けることは拷問のようだと話しています。

食料の他に、衛生状態も問題となっています。売店が閉まっているため、歯磨きやシャンプーをすることもできません。

そんな状況にもかかわらず、彼らは毎日フライトスケジュールを確認し、航空券を購入するために、空港に寝泊りしているのです。

 
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >