中国の政府機関 外国製PC排除へ

中共当局は、半導体や通信ネットワーク機器、電話などあらゆる分野を対象に、外国のテクノロジーを国産技術に置き換える取り組みを進めています。

ブルームバーグの報道によると、中共当局は政府機関や国営企業に対して、外国製のパソコンをレノボなどの国産OSで動くパソコンに置き換えるよう命じたとのことです。これにより、今後2年間で少なくとも5,000万台の外国製パソコンが交換される可能性があります。

中共当局は、テクノロジーに関して戦略的なライバルである米国への依存度を減らそうとしています。特に、米国がファーウェイのような中国企業制裁を加えていますが、それに伴い地元企業やビジネスが打撃を受けたことを受け、このような傾向が強まっています。

ブルームバーグの情報によると、この新しい方針は、コンピュータのブランドやソフトウェアのみを対象とするようです。ハードウェアであるマイクロチップなどの交換が困難な部品は対象外となるようです。

中共当局は、マイクロソフト社が開発したOS「Windows」を、「Linux」OSに置き換えることを奨励しています。

中国の国営メディアとサイバーセキュリティ機関は、特別な許可を得て、引き続き海外の先進的な機器を購入することができます。しかし、この許可制度も将来的には厳格化される可能性があります。

 
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >