米政府「未来のインターネットに関する宣言」発表 約60か国が賛同 中露念頭に

米国務省は最近、表現の自由を制限する国があるとして、デジタル権威主義が台頭する傾向に警告を発しています。インターネット上で厳しい検閲などを行っている中国共産党政権などを念頭に置いているものと見られます。

4月28日、米国のバイデン政権は、自由で開かれたデジタル空間の推進を目指す「未来のインターネットに関する宣言」を発表しました。日本を含め約60か国が宣言に賛同しています。宣言には、人権および基本的自由の保護、包摂的かつ利用可能なインターネットアクセスなどがあります。

宣言に賛同を示したのは、日本や欧州連合(EU)のほか、英国豪州台湾ウクライナなどです。

賛同国は自由で開かれたネット環境を目指して、相互に協力し合い取り組んでいくとしています。

中露やインド、ブラジルなどは宣言に賛同を示しませんでした。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >