中共はなぜ瞑想修煉法を弾圧するのか

次は、みなさんからよく寄せられる質問にお答えします。中国共産党はなぜ瞑想を実践する法輪功迫害するのでしょうか。

中共政権による法輪功に対する迫害は、1999年7月から現在まで23年も続いています。

中国で法輪功を実践する人々は、拉致、投獄、強制労働収容所に収容、拷問、さらには強制的な臓器摘出にさらされています。中国で急速に伸びている臓器移植市場の供給源として、法輪功学習者が犠牲になっていることは、今や広く知られています。

しかし、中共当局はなぜ迫害を始めたのでしょうか?

迫害される以前、法輪功は中国全土で高い人気を誇り、口コミで広がっていました。ピーク時には共産党の党員数よりも多い1億人が実践していました。

中共は、自分より大きい集団は共産党の支配に対する脅威と見なします。

その上、法輪功は「真善忍」を理念としており、また、道徳性を高めることを重要視しています。これらの価値観は、中共政権が掲げるものとは大きく異なるものです。中共のトップは、人々が法輪功の教えに従えば、中共の共産主義イデオロギーや当局が主張する無神論が拒否されるようになることを恐れているのです。

しかし、法輪功には政治的目標はなく、政党にも属していません。

瞑想修煉は、中国の伝統的な修煉法の一種で、気功とも呼ばれます。共産党統治下の中国では、数多くの修煉法が禁止されています。キリスト教や仏教のような宗教的信仰を含む他の形での精神的修養も抑圧されています。

〈字幕版〉

 
 

法輪功創始者発表「なぜ人類が存在するのか」

法輪功創始者発表「なぜ人類が存在するのか」
NTD(新唐人テレビ)スペシャル番組 ...
続きを読む >
 

神韻、東京公演も満員御礼 ウクライナ大使「芸術の真髄」

神韻、東京公演も満員御礼 ウクライナ大使「芸術の真髄」
24日、日本で巡回公演中の神韻芸術団 ...
続きを読む >
 

内部情報「中共党員の1割が死亡」

内部情報「中共党員の1割が死亡」
英BBCの記者が最近中国北部の村を訪 ...
続きを読む >