【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

2021年の初め、シンガーソングライターで人権活動家のジェームズ・ホワイトは、北京の冬季五輪を抗議する曲を作るためにワシントンDCに赴き、中国で拷問された三姉妹の痛ましい話を聞く。三姉妹から聞いた話を深く理解しようと、大西洋を横断し数名の専門家の話を聴く。

しかし、このテーマを探求すればするほど、三姉妹や数百万の人々の体験は、一つのグループの人権問題をはるかに超え、中国の国境をはるかに超えていることに気づく。深く掘り下げるほど、より広範に、より不気味な怪物が浮かび上がる。COVIDからメディア検閲、政治からエンタメまであらゆるものの根底に存在しているようだ。

想像を絶する体験を生き抜いた姉妹へのインタビュー、世界有数の人権専門家、弁護士などの洞察を経て、ジェームズの一年間に及ぶ探索は、起点のワシントンDCに戻る。そこで彼は厳しい現実を認識する。

【題名の解説】
英語に「鉱山のカナリア」という表現がある。炭鉱で二酸化炭素を測量するためにカナリアが用いられる。カナリアは鉱夫に比べて呼吸が早く、体も小さく、新陳代謝も良いので、鉱夫より先に倒れ、鉱山の危険性を鉱夫に警告する。ここでは法輪功学習者がカナリアにたとえられ、世界の人々に中共の危険性を警告してきたことを指摘している。

【監督】マシアス・マグナソン
国連、スエーデンのテレビ局を経て米国に制作会社を構えるスウェーデン人の受賞実績のある映画制作者。

Synopsis:

At the beginning of 2021, singer-songwriter and human rights activist James H. White sets out for Washington, DC to write a song in protest of the Beijing Winter Olympics. After hearing the gut-wrenching story of three sisters who were tortured in China, he flies across the Atlantic to talk with several experts, hoping to shed light on the stories he heard from the three sisters.
The more he explores the topic, however, the more he discovers that what happened to the three sisters, and millions more like them, goes way beyond the human rights of one group, and way beyond the borders of China. The deeper he digs, the broader, and more sinister, the story becomes… and it underlies everything, from COVID to media censorship, from politics to entertainment.

Featuring insights from some of the world’s leading human rights experts, lawyers, and heart-breaking interviews with those who faced, and survived, the unimaginable, James’ year-long journey circles back to where it all started, Washington DC, where James faces a stark realization that changes his perspective forever.

 
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >