上海の都市封鎖 テスラ工場も一時操業停止

中国の金融の中心地である上海市は、中共ウイルスによる感染が拡大し、ついに都市封鎖措置に踏み切りました。

上海市は3月28日から、市を2分割して都市封鎖を実施しています。黄浦江を境界として、東側は28日から4日間、西側は4月1日から4日間封鎖することになっています。

この分割式ロックダウン措置は、上海市2,600万人の住民の生活に影響を与えることになります。ビジネスや製造業の分野でも、減速が予想されています。

ブルームバーグの報道によると、米電気自動車大手テスラの上海工場「ギガファクトリー」は、ロックダウン措置が行われる最初の地区にあるため、操業を少なくとも1日停止する計画だとしています。

昨年、テスラの世界における納車台数の半分を上海工場が占めています。

上海には、「中国のウォール街」として知られる地区があります。高層ビルやオフィスが立ち並ぶこの街で、銀行家やトレーダーたちは、ロックダウン措置に対して一風変わった解決策を思いついたようです。

封鎖措置の中でも金融の中枢を稼働し続けるために、この地区に勤めるおよそ2万人が寝袋や基本的な宿泊用品を揃えて、封鎖が解除されるまでオフィスに寝泊まりしています。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >