フィンランド男子ホッケー監督「選手の人権が尊重されていない」

北京冬季オリンピック開幕後、北京当局の極端な感染症対策が混乱を招き、各国の代表団から苦情が続出しています。2月6日、フィンランド男子アイスホッケーチームの監督は、北京当局がプロのアスリートの人権を尊重していないと強く批判しました。

フィンランド男子アイスホッケーチームのマルコ・アンティラ選手は中国に到着後、検査で陽性と診断されましたが、それから18日の間隔離措置が継続され、練習に一度も参加できていません。

フィンランド男子アイスホッケーチームのユッカ・ヤロネン監督
「彼が完全に健康で準備が整っていることを我々は知っている。このことが、何らかの理由によって中国が彼の権利を尊重しないのはなぜかと我々が考える理由だ。これは良いことではない」

2月6日、フィンランド男子アイスホッケーチームのユッカ・ヤロネン(Jukka Jalonen)監督は、自分のチームが北京で不公平な扱いを受けているとして公に発言しました。

フィンランド男子アイスホッケーチームのユッカ・ヤロネン監督
「ここ(中国)に到着する前、マルコはすでにチームと約1週間一緒にいた。彼の検査結果は陰性だった。その週に彼は選手やコーチと一緒にいたが、誰も感染しなかった」

ヤロネン監督は、隔離スポットからいつ解放されるか分からないため、アンティラ選手は不安と苦痛を感じているほか、プロのアスリートである彼は体格が大きく、隔離期間中に十分な栄養が摂れていないとも述べています。

1月23日から、少なくとも350人のオリンピック関係者が陽性と診断されており、彼らの多くは隔離スポットの環境の悪さに苦情を述べています。また隔離期間がいつ終わるのかが分からないことも関係者を悩ませています。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >