IOC ユニフォームと強制労働の関連性を否定

今回の北京冬季オリンピックのユニフォームは、新疆ウイグル自治区での強制労働と関係があるのかについて、国際オリンピック委員会(IOC)は19日、否定する声明を発表しました。

この声明は、IOCがこの問題について米政府機関の調査を受けて発表したものです。

中国問題に関する米連邦議会・行政府委員会(CECC)によると、IOCは中国企業と提携し、新疆ウイグル自治区産の綿花を使用したユニフォームを製造しているとのことです。

同委員会は、米国は現在、新疆で調達された商品は強制労働によるものと見なしており、そこで生産された綿花は、強制労働と同義であると述べています。

IOCが提携している中国企業の1社が、国際NGO団体「ベター・コットン・イニシアティブ(BCI)」を脱退したと報じられています。BCIは、持続可能な綿花生産を推進する非営利団体です。この団体は以前、強制労働のリスクが高まっているとして、新疆ウイグル自治区から撤退した経歴があります。

IOCの別の提携企業は、自社の新疆工場で製造した綿花を使用した製品を公然と宣伝しています。

米政府機関は、中国企業が新疆の製品を使用しているため、2022年のオリンピックに参加するIOC関係者や他の出席者らが、強制労働によって汚点のついた衣服を着用する可能性があることを懸念しています。

〈字幕版〉

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >