スターバックス 中国食品宅配大手と提携 配送サービスの拡充へ

米コーヒーチェーン大手スターバックスは1月18日、中国のフードデリバリー大手「美団(メイトゥアン、Meituan)」との提携を発表しました。中国市場における配送サービスの拡充をねらったものと見られます。

美団(メイトゥアン)は、中国国内でユーザー数6億人以上を擁するデリバリープラットフォームを提供しています。今後、美団のユーザーは同社のアプリからスターバックスの商品を注文できるようになります。

近年、スターバックスの中国事業の売上高は、中共ウイルスの感染拡大と中国のコーヒー市場における競争の激化が相まって減収しました。

上海市の中国市場調査グループによると、スターバックスは現在新規コーヒーチェーンとの激しい競争の中におり、美団のアプリ上でスターバックスの店舗が表示されなければ、顧客を獲得および維持することが難しいとしています。

スターバックスは、1999年北京市に1号店をオープンしました。2020年時点での中国での売上高は全体の約1割を占め、スターバックスにとって中国市場は米国に次ぐ第2の主要市場となっています。スターバックスはすでに、中国国内の200以上の都市で、5300以上の店舗を展開しています。四半期報告書によると、同社の中国事業は第3四半期決算で10億ドル近くの利益を上げています。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >