加州議員を標的にしたスパイ事件が再び注目

英国やカナダで最近相次いで中共のスパイが摘発されたことを受け、米カリフォルニア州での中共スパイ、方芳(ファン・ファン)の事例が再び、注目を集めています。

米国のネットメディア「アクシオス(AXIOS)」は、米情報機関関係者と匿名の元選挙管理人の話を引用して、方芳は「選挙の資金集め、広い人脈、個人的な魅力などを利用して政治家に接近した」と報じています。方芳は、少なくとも中西部地方都市の市長2人と、3年以上性的関係を持っていたといいます。

中国のスパイが、地方レベルの政治家に接近することはよくあることです。地方の市長や議員は将来、州知事や国会議員になる可能性があるとわかっているからです。

アクシオスの調査は、民主党のエリック・スウォルウェル(Eric Swalwell)下院議員に焦点を当てました。2014年、方芳はスウォルウェル氏の再選キャンペーンのための資金集めにも関わっていたと伝えられています。

方芳はまた、スウォルウェル事務所に少なくともインターン職員一人を紹介しており、スウォルウェル議員自身も数年にわたり、複数のイベントで彼女と交流していたとされています。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >