中共 「台湾」表記でセブンイレブンに罰金

北京市当局は、セブン―イレブン・ジャパンの中国現地法人に15万元(約270万円)の罰金を科しました。コンビニエンスストア「セブンーイレブン北京」が、ホームページに台湾を独立国として掲載したためです。

台湾には、民主的に選ばれた指導者と独自の憲法がありますが、中共は台湾を自国の領土と主張し、武力による侵攻をほのめかしています。

セブンーイレブンは、米国発祥の大手コンビニエンスストアチェーンで、日本ではセブンーイレブン・ジャパンが事業展開しています。

中共はまた、日中間で問題となっている島々の表記についても訂正を命じています。これらの島々は、日本では「尖閣諸島」と呼ばれていますが、北京は「釣魚島」と呼んでいます。セブンーイレブンの公式サイトでは日本名を使用しています。

セブンーイレブンの担当者は、「真摯に受け止め、再発防止を徹底する」とコメントしています。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >