「台湾」名称使用過ち発言巡り 「大統領と外相の対立が原因」=リトアニア議員

複数の中共の官制メディアは最近、昨年11月にリトアニア国内に開設された台湾の事実上の大使館めぐり、リトアニア大統領が後悔していると表明したことについて報じています。NTDはリトアニアの国会議員に詳細を取材しました。

リトアニアのギタナス・ナウセダ大統領が「リトアニアに『台湾』の名称を用いた代表機関の開設を許可したのは過ちであった」と発言したことについて、中共の官制メディアは歓迎しています。

しかし、中共の官制メディアは、その詳細については伝えていません。リトアニアの国会議員であり、親台グループの代表でもある議員は最近NTDに対し、大統領がなぜこのような発言をしたのかを説明しました。

リトアニア国会議員 マタス・マルデイキス氏
「我が国の大統領は、台湾との関係に非常に前向きです。問題は、大統領府と政府機関、外相の事務所との対立関係にあります。これは内政の問題や協調に関する問題です。台湾がどうかなどとは全く関係がありません」

マルデイキス氏は、大統領の発言が台湾に誤ったメッセージを送ってしまったことを残念に思っていると述べています。

「台湾」の名称を用いた代表機関の開設を許可して以降、リトアニアと中共の関係は急激に冷え込みました。

また最近、リトアニアと台湾は、経済協力の緊密化を進めています。中共政権によりリトアニア製品の中国への輸入が一部停止され、リトアニア産業が経済的圧力にさらされたことを受け、駐リトアニア台湾代表処は1月5日、リトアニアの産業へ投資し、双方の貿易関係を促進するため、2億ドル規模の基金を設立すると発表しました。

マルデイキス氏は、台湾との協力関係を成功させることが重要であると述べています。

リトアニア国会議員 マタス・マルデイキス氏
「私たちからすれば、リトアニアと台湾の協力が成功することを示すことが重要です。成功すれば、中国に依存する必要がないという、他国への非常に強いメッセージになります」

中共政権は、リトアニア産のラム酒2万本の輸入を停止するなど、経済的圧力を強めています。しかし、この事態を知った台湾企業がラム酒を買い取り、今月末には台湾の市場に投入される予定です。

マルデイキス氏は、リトアニアは台湾の人々や政府のサポートに非常に感謝していると述べました。また、民主主義国家は互いに支え合うことが重要であると強調しています。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >