西安で感染拡大 解放軍が隔離エリアに進駐

西安では感染拡大が続いています。12月28日には、中共軍の医療チームが中共ウイルス指定病院の隔離エリアを引き継ぎました。これによって、現地の感染拡大状況の深刻さが浮き彫りになっています。

中共国家衛生健康委員会が12月28日に発表したデータによると、27日に中国全土で182人の新規感染者が確認されました。182人のうち180人は陝西省の感染者で、西安の感染者数はそのうちの175人を占めていました。最新データーでは、29日にも207人の新規感染者が確認されたとしています。しかし、実際の人数はこれを上回っていると考えられます。

西安では23日から都市封鎖が始まっていますが、感染者数はいまだに増加しており、当局は27日に再び対策を強化して、封鎖エリアからの外出を厳格に禁止しています。

ネットユーザーが投稿した画像や動画によると、27日に警察は市内全域の各大通りに対し非常線を張って外出者を厳しく取り調べており、多くの人が通りで警察に連行されています。地元当局の「重要通知」では、「警察に拘束された場合、勤務先は直ちに解雇手続きを取る」よう通告しています。関連の責任者もその責任を追及されます。

感染対策がうまくいかないことから、28日早朝に西安空軍軍医大学から150人の医療チームが派遣され、西安の指定病院の隔離エリアを急遽引き継ぎました。官製メディアの人民日報は、この医療チームは以前に「武漢火神山医院」にも出動したことがあると報じています。

あるネットユーザーはこれに対し「西安は結局のところどんな状況にあるのだ。解放軍の出動が必要なのか?」と疑問を呈しています。

これと同時に、中共の極端な防疫対策によって「二次的な」悲劇も露呈し始めています。家に閉じ込められている大勢の市民が、物価の高騰や野菜が買えないこと、そして命の危機を感じているといった苦情を口にするようになりました。

西安市 王さん
「今、野菜の値段が特に高騰している。今はどれも値上がりしていて、上がっていないものはない。(野菜の値段は)2倍以上になっている。問題は値段が倍になっても野菜が手に入らないことだ。野菜を運んで来られないのだ。私たちのいる場所は疫病エリアで、道路のあちこちが封鎖されて物資が入ってこれない。今は野菜と果物、そして肉が不足している。近くの薬局はすべて閉まっていて、薬を買いたくても手に入らない」

26日、当局が寒空の下で市内全域を消毒したために、消毒液によって路面が凍結し、交通事故が多発しました。あるネットユーザーは、運転手がブレーキをかけても車が止まれず、運転手は現場で死亡したと投稿しています。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >