西安市封鎖から5日目 さらに厳しい措置を

中共ウイルスの感染拡大を受けて、人口1300万人の西安市では12月23日からロックダウンを実施していますが、感染者数はかえって増加しています。当局の発表によると、25日に新たに155人の感染が確認され、これは前日の2倍以上の数字です。

西安市は、12月9日から25日までの間、485人の感染者が確認されたとしています。26日には635人に増え、3万人近くが隔離用のホテルに送られ、集中管理下に置かれました。

西安市は感染拡大を抑えるため、北京当局の方針に従って、27日からさらに厳しい措置を講じています。市全体を対象に新たなPCR検査を実施し、市民の外出もさらに厳しく制限しています。ロックダウン当初は、1世帯につき1人が2日に1回、生活必需品を買うために外出することができるとしていましたが、27日からは、検査を受けて陰性判定が出た人のみ、外出が許されます。

これを受け、中国のSNSでは、「どこで食料が買えるのか」と、多くのユーザーが助けを求めています。また、「人民にひもじい思いをさせるつもりか。食べるものがない」と、住民の死活問題を全く考慮しない当局の非人道的な政策に疑問を呈するユーザーもいます。

地元メディアの報道によると、12月25日午後5時までに、西安市の封鎖エリアは235か所に増え、そのうち高リスク地域は1か所、中リスク地域は115か所に上り、24日の一日だけでも、41か所が中リスク地域に追加されたとしています。一方、ある市民は、自身が居住(きょじゅう)しているエリアは封鎖されているが、当局が公表した封鎖地域リストに載っていないと話しています。

西安市当局の24日の発表では、今回市中感染を起こしたウイルスはデルタ変異株で、感染力が強く、伝播性が高い。オミクロン株による感染は、西安ではまだ確認されていないとしています。

現在、西安市で発生した感染の波は、すでに陝西省、広東省、北京市、河南省、山西省などの5つの省市の7つの地域に広がっています。

中共の「中央規律検査委員会国家監督委員会」は24日、今回の西安市の感染拡大において、疫病予防と管理に不備があったとして、関連責任者26人を処分したと発表しました。

西安市では現在、中共ウイルスの他にも、「出血熱」の感染も広がっています。ネット上の投稿によると、地元ではすでに多くの市民が感染しており、死亡者も出ています。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >