JDドットコムの株価急落 テンセントの株式譲渡を受けて

12月23日、中国電子商取引サイト、JDドットコム(京東商城)の株価が筆頭株主であるテンセントが保有株式の大半を手放すと発表したことで急落しました。これにより、テンセントの他の保有株に関する計画に疑問が湧き上がっています。

中国の電子商取引サイト、JDドットコムの株価は23日、香港で11%も急落し、7%安で取引を終えました。これは昨年、同社が香港で上場して以来、最大の下げ幅です。

一方、筆頭株主であったテンセントの株価は4%上昇しました。

これはテンセントが12月23日に同社が保有するJDドットコムの株式のうち164億ドル(約2兆円)相当を株主に譲渡すると発表したことを受けたものです。

これにより、テンセントのJDドットコムへの出資比率は約17%から2.3%に低下しました。

米サウスカロライナ大学エイキン校ビジネススクール 謝田教授
「その分を株主に還元して、それほど大きな標的にならないようにするのは賢いやり方だ。そして、おそらく他の企業においても売却活動を加速させるだろう。中共当局から見て、あまり目立つ存在にはならないだろう」

最近、北京当局はIT企業への取り締まりを強化し、海外での成長と国内での市場支配力をコントロールしようとしています。

中共官製メディアによると、地元当局は12月23日、アリババグループのタオバオ(淘宝網)、ピンドゥオドゥオ(拼多多)、JDドットコムなど5つのオンラインプラットフォームを、「独身の日」のショッピングフェスティバルにおけるライブストリーミングの不正行為で召喚しました。

ビジネススクールの教授で中国問題専門家の謝田教授は、中国経済は今、崩壊しつつあり、これは政権がより多くの収入を得るための一つの方法だと語っています。

米サウスカロライナ大学エイキン校ビジネススクール 謝田教授
「つまり、テンセントなどの民間企業から、金を奪い取るのだ」

テンセントが出資比率を下げた今、9.3%の株式を保有するウォルマートがJDドットコムの筆頭株主となっています。

謝田教授は、投資家は中国の大企業への投資を見直す必要があると警告しています。

米サウスカロライナ大学エイキン校ビジネススクール 謝田教授
「米国企業、米国の一般市民や投資家は、中国経済については、本当に注意すべきで、そして、出口戦略を真剣に考えるべきだ」

JDドットコムは、両社の戦略的パートナーシップ合意は継続するが、テンセントの執行取締役社長であるマーティン・ラウ氏はJDドットコムの取締役を直ちに退任すると述べています。

〈字幕版〉

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >