Meta 傘下のSNSから監視会社7社を排除

Facebook運営元の米Meta(メタ)は、民間監視サービス会社7社がFacebook、Instagram、WhatsAppで約5万人を標的に、ハッキングやその他の不正行為を行っていると非難しています。

Metaが、いわゆる「サイバー傭兵」を取り締まっています。

12月16日、Facebook、Instagram、WhatsAppを傘下に抱えるMetaは、民間監視サービス会社7社をプラットフォームから排除し、1500の関連アカウントを削除したと発表しました。その大半は偽アカウントでした。

これらの監視会社の中には、欧州のCytrox(サイトロックス)、イスラエルのCobwebs Technologies(コブウェブズ)のほか、失脚したハリウッドのプロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのためにスパイを手配したイスラエルのBlack Cube(ブラックキューブ)も含まれています。

Metaは、標的にされていた可能性のある5万人に警告の通知を送ったといいます。

Metaは、監視サービス会社7社がハッキングや偽のプロフィールを使って、ユーザーから個人情報を詐取したと非難しています。

Black Cubeは声明の中で、フィッシングやハッキングは一切行っていないと述べています。一方、Cobwebsはオープンソースを利用しており、それを同社製品に「決して押し付けがましく割当てることはしない」と述べています。

名前を挙げられた他の企業からのコメントは、現時点では得られていません。

〈字幕版〉

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >