四川省女性が鳥インフル感染で死亡 中共当局は公表せず

香港衛生署とマカオ保健局の公式サイトは、中国四川省に住む女性が、「H5N6型」鳥インフルエンザ感染し、1週間以内に死亡したと明らかにしました。

香港衛生署とマカオ保健局は12月8日、中国四川省自貢市(じこう-し)に住む54歳の女性が、鳥インフルエンザ「H5N6型」に感染し、死亡したと発表しました。

報告によると、この女性は11月17日に発症し、11月21日に入院して治療を受けましたが、11月23日に死亡しました。女性は発症前に、病死した家禽と接触したことがあるとのことです。

12月9日14時の時点で、中共の農業農村部、国家衛生健康委員会、四川省衛生健康委員会から、この件に関する発表はされていません。

このほか、マカオ保健局によると、2014年4月以降、中国の四川省、広東省、雲南省、湖北省、湖南省、安徽省、広西チワン族自治区、江蘇省で、「H5N6型」鳥インフルエンザの感染症例が確認されています。

 
 

北京で「反動」横断幕 世界的なニュースに

北京で「反動」横断幕 世界的なニュースに
中国共産党第20回党大会の開幕を3日 ...
続きを読む >
 

北京の横断幕事件 26歳男性が呼応 海外でも声援活動

北京の横断幕事件 26歳男性が呼応 海外でも声援活動
北京では13日、高架橋に反中共の横断 ...
続きを読む >
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >