米軍の台湾駐留 約2倍に増加

中国と台湾の緊張が高まっていることを背景に、今年台湾に非公式に駐留している米軍の数が倍増しています。

米国防総省の下部組織「国防人員データ・センター」によると、昨年12月31日から今年9月30日までの間に、台湾に駐留する米軍の数は20人から39人に増加しました。

駐留している39人とは、海兵隊29人、陸軍2人、海軍3人、空軍5人です。しかし米政府は、台湾での駐留米軍の具体的な任務を明らかにしていません。

今年10月下旬にCNNのインタビューで、台湾の蔡英文総統が台湾国軍の訓練を支援するために米軍が駐留していることを認めました。過去40年間で、台湾の総統が米軍の台湾駐留を認めたのは初めてのことです。

中共政府は、米軍の台湾駐留に強く反発しており、中共外交部の趙立堅報道官は以前、「米台間のいかなる軍事的関係にも断固として反対する」と述べていました。

 
 

中共の脳制御兵器開発 専門家がそのリスクを解説

中共の脳制御兵器開発 専門家がそのリスクを解説
人間が考えるだけで、軍隊が攻撃を仕掛 ...
続きを読む >
 

北京五輪前夜 人権問題を注視せよ=カナダの人権派弁護士

北京五輪前夜 人権問題を注視せよ=カナダの人権派弁護士
カナダの著名な人権派弁護士であるデー ...
続きを読む >
 

米議会で法輪功保護法案の審議開始

米議会で法輪功保護法案の審議開始
年の初めに、法輪功学習者の保護を目的 ...
続きを読む >
 

ある臓器移植手術に疑問「バイタルサインは良好だった」

ある臓器移植手術に疑問「バイタルサインは良好だった」
北京清華長庚医院の青年医師王倬榕さん ...
続きを読む >