中共軍機27機が台湾防空識別圏に侵入 台湾が警告

中国では、習近平総書記が軍高官たちと会談しました。一方、台湾は脅威を実感しています。11月28日、中共の軍用機27機が台湾の防空識別圏に侵入し、台湾空軍の戦闘機がスクランブル発進しました。これは中共政権が台湾に対して行った、最新の脅しです。

台湾の国防相は11月29日、中共軍は台湾周辺で任務を繰り返すことで台湾軍を疲弊させようとしているが、台湾はそれに対抗する能力があると述べました。

通常、中国共産党政権は重要な日や機会に、台湾に対して武力を誇示します。例えば、習近平氏が軍の重要メンバーと会談する時や、中国共産党が党や軍、共産党政権の創立を祝う時などです。

また、中国共産党はしばしば台湾の総統選挙を利用して、民主的に統治されている台湾に脅しをかけます。脅しの最も一般的な方法は、台湾の防空識別圏に軍用機を送り込むことです。

中国共産党はさらに、台湾海峡の中間線を越えて軍艦を送り込むこともあります。中間線とは、台湾と中国本土を分けるためのものです。

防空識別圏はその国の領空とは異なり、領空の外側に設けられています。防空識別圏に進入する航空機は敵対的とみなされ、警告によって追い払われます。

防空識別圏を設けることで、攻撃を受けた場合に対応する時間を稼ぐことができます。

〈字幕版〉

 
 

中共の脳制御兵器開発 専門家がそのリスクを解説

中共の脳制御兵器開発 専門家がそのリスクを解説
人間が考えるだけで、軍隊が攻撃を仕掛 ...
続きを読む >
 

北京五輪前夜 人権問題を注視せよ=カナダの人権派弁護士

北京五輪前夜 人権問題を注視せよ=カナダの人権派弁護士
カナダの著名な人権派弁護士であるデー ...
続きを読む >
 

米議会で法輪功保護法案の審議開始

米議会で法輪功保護法案の審議開始
年の初めに、法輪功学習者の保護を目的 ...
続きを読む >
 

ある臓器移植手術に疑問「バイタルサインは良好だった」

ある臓器移植手術に疑問「バイタルサインは良好だった」
北京清華長庚医院の青年医師王倬榕さん ...
続きを読む >