英外務省の報告書 「中国の人権状況は悪化し続けている」

英国外務省は近日、今年7月に公表した人権報告書を更新し、中国共産党政権下の中国を「人権状況が悪化している国」と指定しました。

今年7月、英国外務省は「2020年人権と民主に関する報告」を発表し、中国、北朝鮮アフガニスタンなど深刻な人権問題を抱えている31か国を、重点的な注視対象としてリストアップしました。 11月23日、英国政府はこの報告書を更新し、これら31か国をさらに「改善中」、「悪化」、「継続観察」に分類しました。

今回の報告書では、中国の人権状況が「引き続き悪化している」と指摘しています。特に、中国共産党が香港の自由と人権をさらに抑圧していることや、ジャーナリスト、報道機関への脅迫行為が行われていることが指摘されています。また、新疆ウイグル自治区やチベットにおいても、中共による人権や宗教への迫害行為について、より多くの信頼できる証拠があると指摘しています。

 
 

中共の脳制御兵器開発 専門家がそのリスクを解説

中共の脳制御兵器開発 専門家がそのリスクを解説
人間が考えるだけで、軍隊が攻撃を仕掛 ...
続きを読む >
 

北京五輪前夜 人権問題を注視せよ=カナダの人権派弁護士

北京五輪前夜 人権問題を注視せよ=カナダの人権派弁護士
カナダの著名な人権派弁護士であるデー ...
続きを読む >
 

米議会で法輪功保護法案の審議開始

米議会で法輪功保護法案の審議開始
年の初めに、法輪功学習者の保護を目的 ...
続きを読む >
 

ある臓器移植手術に疑問「バイタルサインは良好だった」

ある臓器移植手術に疑問「バイタルサインは良好だった」
北京清華長庚医院の青年医師王倬榕さん ...
続きを読む >