英外務省の報告書 「中国の人権状況は悪化し続けている」

英国外務省は近日、今年7月に公表した人権報告書を更新し、中国共産党政権下の中国を「人権状況が悪化している国」と指定しました。

今年7月、英国外務省は「2020年人権と民主に関する報告」を発表し、中国、北朝鮮アフガニスタンなど深刻な人権問題を抱えている31か国を、重点的な注視対象としてリストアップしました。 11月23日、英国政府はこの報告書を更新し、これら31か国をさらに「改善中」、「悪化」、「継続観察」に分類しました。

今回の報告書では、中国の人権状況が「引き続き悪化している」と指摘しています。特に、中国共産党が香港の自由と人権をさらに抑圧していることや、ジャーナリスト、報道機関への脅迫行為が行われていることが指摘されています。また、新疆ウイグル自治区やチベットにおいても、中共による人権や宗教への迫害行為について、より多くの信頼できる証拠があると指摘しています。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >