ベルギーで大規模デモ ウイルス対策の規制強化に反発

11月21日、ベルギーの首都ブリュッセルの中心部に数万人が集まり、政府の防疫対策に関連した規制強化に反発し、大規模な抗議デモを行いました。

警察の発表によると、21日の抗議デモには約3万5千人が参加したとのことです。

デモ参加者たちは「自由、自由、自由」と声を上げ、反ファシストの歌を歌い、「自由を守るために共に」、「一つになって自由を勝ち取る」、「自由、健康」などのスローガンを掲げました。また、歩道橋にも「専制政治を決して容認しない」と書かれた横断幕が掲げられました。

参加者の多くは、政府が推進しているワクチン接種の義務化や、それに伴う様々な規制措置に抗議しています。

デモ参加者と警官隊の間で衝突が発生し、デモ参加者が警官隊に発煙弾や花火を投げつけたことに対し、警察は催涙ガスや放水車などで対応しました。

欧州各国では最近、中共ウイルスの感染者数が急増し、各国政府は再び規制措置を強化し始めました。これに反発し、各国で抗議活動が続いています。

オランダでは20日、ハーグなど各地で行われた抗議デモにおいて、警察は30人以上のデモ参加者を逮捕しました。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >