年間10万人超 米国で薬物による死者急増

米国では、薬物による死者数が急増しています。

11月17日、米国疾病予防管理センター(CDC)は、薬物の過剰摂取による死者数が、今年4月までの1年間で初めて10万人を超えたと発表しました。

CDCによると、薬物関連の死者数は、2020年4月までの1年間で78,056人、その後の1年間は100,306人となり、前年と比べて29%の増加となりました。

これらの薬物関連死亡のうち、75%以上は麻薬性鎮痛薬であるオピオイド系薬物によるもので、特に鎮痛・疼痛緩和の作用を持つフェンタニルが主な原因となっています。

メディアの報道によると、これらの合成オピオイドは製造コストが安く、フェンタニルのほとんどは中国で製造され、メキシコ経由で米国に密輸されています。

           クレジットカード決済・銀行振込

 

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >