中国の元企業家が中共から脱党

中国湖北省出身の易劉飛さんは、中共ウイルスの流行状況に関する動画をWeChat(ウィーチャット)のグループに投稿し、自身の考えを述べたところ、中共当局から脅迫を受けました。

易劉飛さんは、湖北省出身の元企業家で、現在はロサンゼルスに住んでいます。中共ウイルスの発生初期、広東省で会社を経営していた易さんは、旧暦新年を迎えて、武漢市近くの実家に帰省していました。 当時、ウイルスの爆心地である湖北省から人々が逃げ出すのを防ぐために、当局は湖北省と湖南省の境界線を木の板や箱、鉄の板などで封鎖していたといいます。

易さんはその様子を撮影した動画をソーシャルメディアに投稿し、中共ウイルスに対する自身の見解を述べました。

湖北省出身の元企業家 易劉飛氏
「このウイルスには『党性』があり、党の指示通りに動く。タイミングよく人口の多い地域、つまり武漢に現れたのは、決して偶然ではないはずです。武漢は、九つの省を結ぶ交通の要所で、全国各地につながっており、ウイルスが拡散しやすい地理になっている。当時はちょうど旧暦新年前で、人口の移動も多い時期だった。だから、ウイルスが出現したときから、私はこれは単純な問題ではないと思っていた」

動画の投稿からまもなくして、国家安全部から「デマを広めている」と脅迫電話がかかってきました。

易さんは、中共による極端なロックダウン政策は人々の生命を無視する、極めて無責任な方法だと考えています。

湖北省出身の元企業家 易劉飛氏
「隣の市では、両親が当局に連れて行かれて隔離されたため、子供餓死してしまうという惨事があった。非常に悲劇的なことで、当時の湖北省の人々は本当に悲惨だった」

現在米国で活動している易さんは、今年7月1日、ロサンゼルスの中共領事館前で行われた抗議活動に参加しました。しかし、その後まもなくして、中国にいる父親が警察から「息子の海外での反共活動をやめさせろ」と脅迫されました。

易さんはこれらをことを恐れていないだけでなく、大紀元の共産党脱退サイトで、小学生の時に加入した「中国共産党少年先鋒隊」からの脱退を表明しました。また、ますます多くの中国人が目覚め、中共を恐れなくなるだろうと述べています。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >