子供らが「殉職烈士」模したゲーム 党への自己犠牲精神を養成か

中国では、幼い子供たちにも、共産主義のために身を捧げるよう教えています。最近、軍事をテーマにしたゲームに参加している中国の子供たちの様子を捉えた映像が、ソーシャルメディアで話題になっています。

子供たちは、人民解放軍の前身である紅軍(中国工農紅軍)の軍服を着用し、「ダイナマイトバッグ」と書かれたリュックサックを背負っています。保護者が付き添い、敵の封鎖を突破することを目標にしたゲームです。

「ダイナマイトバッグ」は、共産党の元軍人・董存瑞の物語に由来していると思われます。董は、「殉職烈士」として中国共産党がプロパガンダに用いる人物の一人です。

董は国共内戦において、ダイナマイトバッグを持ち、自らを犠牲にして国民党軍のトーチカを爆破したと言われています。董存瑞の物語は中国の教科書にも掲載されており、子供たちに共産党のために自らを犠牲にするよう教育する内容が盛り込まれています。

ネットユーザーの中には、このゲームが子供たちに伝えようとしているメッセージに恐れを抱く人もいます。

あるネットユーザーは「日本や欧米では、子供たちに危険から逃れる方法を教えるために避難訓練を行うことが多いが、逆の国もある。子供たちにダイナマイトバッグを持たせ、人間の盾としての役割を担わせるのだ」と投稿しています。

また別のネットユーザーは、「自分の子供に爆発物に見立てたバッグを持たせるなんて、親はどれだけバカなんだ?」と投稿しています。画像を添付して、「チャイルドテロリストの育成法」と揶揄するユーザーもいました。

           クレジットカード決済・銀行振込

 

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >