中国航空当局 国際線旅客便を20%以上減便

中国民用航空局(CAAC)は、新たな運航計画を発表しました。同局が先月29日に発表した声明によると、国際線の旅客便は週400便程(408便)に減少させるとのことです。

この数字は、昨年のパンデミックのピーク時に比べて約20%も減少しています。

また、パンデミック以前のフライトスケジュールと比較すると、わずか2%程度の便数になります。

この変更は10月31日から3月下旬まで実施される見通しです。

その一方で、中国本土の国内線は前年同期比で7%以上増加しています。

中国民用航空局は、パンデミックが発生した2020年3月に国際便を大幅に減便しました。これは、本土の航空会社は1社が1つの国に1路線を1週間に1便のみ運航を許可する、いわゆる「5つの1政策」に基づいたものです。

同政策実施後、航空券価格がすぐに高騰し、多くの中国人観光客が中国国外で立ち往生する事態になりました。

米政府運営の国際放送局「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」によると、この新たなフライトスケジュールは、来年2月の冬季オリンピックと3月のパラリンピックを円滑に進めるためのものだとしています。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >