米NCSC 中国と取引している企業への教育を開始

米国の諜報機関は、中共と取引している米国企業に対し、その危険性を警告する取り組みを開始しました。彼らは、重要な分野を中共の支配から守りたいと考えています。

米国家防諜安全保障センター(NCSC)は、中国企業がいかに中共の軍や諜報機関と繋がっているかについて警告しています。

NCSCは、人工知能(AI)、量子コンピューティング、生物工学、半導体、自動運転システムなどに関連する企業に対し、教育を行っています。

中共政権が、これらの重要な分野で米国に先駆ければ、国家安全保障に直接危険をもたらす可能性があるとしています。NCSCは、中共政権がビジネス取引を利用して、米国人のデータを収集したり、知的財産を盗んだりしていることに言及しています。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >