カナダ出版社 Twitterの検閲を告発

ビッグテックに対する新たな懸念の声が上がっています。Twitterがある出版社のアカウントを停止しました。後にそのアカウント所有者は、NTDにTwitter社に対する懸念について語りました。

Twitterの個人アカウントを通して、中国共産党に批判的な書籍を宣伝したため、Twitter社にアカウントを停止されたことを受けて、カナダの出版社は、ビッグテックの検閲について懸念を示しています。

オプティマムパブリッシングインターナショナル ディーン・バクセンデール社長
「このことは、すべての出版社に突きつけられた重要な問題だと思う。また、多種多様な意見を届けようとする人にとっても、重要なことだ」

バクセンデール氏は、カナダで出版社を経営しています。今月上旬、Twitter社は同氏のビジネスに関連する6つのアカウントを停止しました。バクセンデール氏はこれらのアカウントを通して、『willful blindness(故意の盲目)』と題された書籍を筆頭に、欧米における中国共産党の影響工作を暴露する書籍を宣伝しています。

オプティマムパブリッシングインターナショナル ディーン・バクセンデール社長
「カナダにおける多国籍組織の犯罪やマネーロンダリング(資金洗浄)、中国共産党幹部との関係性、さらには中共の腐敗やカナダの政治における中共の影響力について理解することが重要なのだ」

またバクセンデール氏は、北米における中共の潜入工作の実態を掘り下げた『hidden hand(隠された手)』も宣伝しています。

オプティマムパブリッシングインターナショナル ディーン・バクセンデール社長
「中共は欧米のエリートを支援することにより、彼らのイニシアチブ獲得や野心の推進を後押ししてきた」

バクセンデール氏の懸念は、Twitter社の影響力をめぐる論争の中で生まれました。今年4月、インド政府がTwitter社に同政府のパンデミック対応を批判する投稿の削除を要請し、7月には、ニュージーランドの教授が中共結党100周年の際、習近平総書記を嘲笑したことで、一時的にアカウントが停止されました。

Twitter社によると、バクセンデール氏のアカウントを停止にした理由は、彼が複数のアカウントを利用して偽のエンゲージメント(いいねやコメント)を得ており、Twitter社の規則に違反していたからだとしています。バクセンデール氏が訴えを起こした後、Twitter社は停止されていたアカウントをすべて復元させました。

オプティマムパブリッシングインターナショナル ディーン・バクセンデール社長
「自由で公正な言論のためのガイドラインがどういうものかわからないが、そのガイドラインに合わないコンテンツを宣伝していた場合は、永久的にアカウントが停止されることを示唆している」

バクセンデール氏は、Twitter社のガイドラインは曖昧だと指摘しています。

オプティマムパブリッシングインターナショナル ディーン・バクセンデール社長
「私はその点を明確に提示してほしいとお願いしたが、彼らは提示してくれなかった」

バクセンデール氏は、Twitter社の対応を懸念しています。出版社は人々に情報を提供し、国民自身が判断できるようにする役割を担っているため、国際社会における言論の自由や公正さにとって重要な問題であると述べています。NTDはTwitter社にコメントを求めましたが、未だ返答は得られていません。

 
 

中国の新卒者数が過去最高 依然続く就職難【禁聞】

中国の新卒者数が過去最高 依然続く就職難【禁聞】
中国の高等教育機関新卒者の数が、毎年 ...
続きを読む >
 
 

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか
欧州は中国の国有企業が、欧州で二番目 ...
続きを読む >