重慶市で大規模停電 ネット上で検索上位に

中国では各地で大規模な電力制限が続いています。14日には、重慶市で大規模な停電が発生し、「重慶停電」が検索上位になりました。これを受け、 当局は「電力供給制限による停電ではない」と強調しました。

10月14日午後、国家電網重慶公司は微博の公式アカウントで、渝中区、江北区、渝北区の一部地域で停電が発生したが、停電は「変電所の故障によるものであり」、「電力供給を制限するためのものではない」と特に強調しました。その40分後には、「渝中区、江北区、渝北区の電力供給はすでに回復した」と発表しました。

しかし、地元の多くのネットユーザーによると、一部の地域では午後7時になっても、電力が復旧していなかったそうです。

また、病院や地下鉄などの重要な施設でも停電が発生し、あるネットユーザーは、地下鉄に閉じ込められた写真を投稿しました。 しかし、重慶市地下鉄は、乗客が閉じ込められたという報告は受けていないとしています。

今回の停電について、多くの市民が電力供給の制限に関係していると考えており、「重慶停電」は、微博の検索上位になりました。

 
 

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか
欧州は中国の国有企業が、欧州で二番目 ...
続きを読む >
 
 
 

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政
中国共産党は、前例のない徹底した統制 ...
続きを読む >