米ウォルマート サプライヤー・イネーブルメントを中国からインドへ

米小売大手のウォルマートは、グローバルサプライヤー・イネーブルメントを中国からインドに移すと発表しました。

ウォルマートは10月9日、グローバルサプライヤーイネーブルメントを、中国からインドに移転すると発表し、当日より有効とのことです。

ウォルマートは、すでに移転プロセスを開始しており、インドで100億ドル(1兆1000億円)以上のインド製品を調達することを約束しています。

中国メディアによると、1996年に中国市場に参入したウォルマートは、近年、中国事業の成長が芳しくなく、2016年から2020年の間に中国国内で80店舗を閉鎖しています。また、その他の店舗の売上も減少しており、今年に入ってからは、ウォルマートが中国事業を売却するという噂が何度も流れていました。

 
 

中共の脳制御兵器開発 専門家がそのリスクを解説

中共の脳制御兵器開発 専門家がそのリスクを解説
人間が考えるだけで、軍隊が攻撃を仕掛 ...
続きを読む >
 

北京五輪前夜 人権問題を注視せよ=カナダの人権派弁護士

北京五輪前夜 人権問題を注視せよ=カナダの人権派弁護士
カナダの著名な人権派弁護士であるデー ...
続きを読む >
 

米議会で法輪功保護法案の審議開始

米議会で法輪功保護法案の審議開始
年の初めに、法輪功学習者の保護を目的 ...
続きを読む >
 

ある臓器移植手術に疑問「バイタルサインは良好だった」

ある臓器移植手術に疑問「バイタルサインは良好だった」
北京清華長庚医院の青年医師王倬榕さん ...
続きを読む >