米ウォルマート サプライヤー・イネーブルメントを中国からインドへ

米小売大手のウォルマートは、グローバルサプライヤー・イネーブルメントを中国からインドに移すと発表しました。

ウォルマートは10月9日、グローバルサプライヤーイネーブルメントを、中国からインドに移転すると発表し、当日より有効とのことです。

ウォルマートは、すでに移転プロセスを開始しており、インドで100億ドル(1兆1000億円)以上のインド製品を調達することを約束しています。

中国メディアによると、1996年に中国市場に参入したウォルマートは、近年、中国事業の成長が芳しくなく、2016年から2020年の間に中国国内で80店舗を閉鎖しています。また、その他の店舗の売上も減少しており、今年に入ってからは、ウォルマートが中国事業を売却するという噂が何度も流れていました。

 
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >