中印国境で再び紛争 中共軍兵士一時拘束

中印両国の間で、またしても国境紛争が発生したと報じられています。

インドメディアによると、10月8日、中共軍の兵士約200人がインド東部アルナーチャル・プラデーシュ州に侵入し、いくつかの貯蔵庫を破壊しようとしたとされています。報道内容によれば、インド側は侵入する中共軍の兵士を迎撃し、数人を拘束しました。10日、ラダック地域の中国側のモルドで軍司令官レベルでの会談で行われ、拘束されていた中共軍の兵士が解放されたとしています。

中印関係を巡っては、長期にわたり断続的に発生する国境紛争が問題となっています。両国間にはいまだ正式な国境が画定しておらず、両国間の緊張緩和のため、暫定的な境界線である実効支配線(LAC)が設けられています。実効支配線に沿って、過去数年間、膠着状態が続いていました。昨年6月には、国境を巡り双方の軍隊が衝突し、インド軍側は20人以上が死亡しましたが、中共軍側は4人が死亡したと発表しました。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >