山西省各地で災害 鉄道の路盤が流されレールが宙に…

連日の大雨に見舞われた山西省各地で災害が発生し、一部の路線では地面が崩落して列車とレールが宙に浮いた状態になりました。

10月に入ってから山西省は連日の豪雨に見舞われています。2日から6日にかけて忻州市(きんしゅう-し)南部、呂梁市、太原、陽泉、晉中市(しんちゅうし)、臨汾市(りんふん-し)、長治市(ちょうじ-し)などで降水量が100ミリを超え、中でも臨汾市北部や晉中市西南部では200ミリを越えました。

山西省晉中市では、豪雨と洪水で堤防が決壊して昌源河大橋が崩落し、鉄道の路盤が流され、列車とレールが空中に浮いた極めて危険な状況も発生しました。

臨汾洪洞県では駐車場で地盤沈下が起こり、複数の自動車が巨大な穴に呑み込まれました。この穴はその後も広がり続け、内部には雨水がたまっています。

10月7日午前、山西省各地の気象部門は「地質災害警報」を発し、地質災害リスクがさらに発生する恐れがあると警告しました。

一方で、僻地の災害状況は当局が情報統制を行っています。ラジオ・フリー・アジアは山西省の一部の僻村では川の氾濫によって多くの家屋が流されたほか、断水と停電も起きて死傷者も出ているが、村民は支援を受けられず自力で何とかするしかないと報じています。

 
 

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか
欧州は中国の国有企業が、欧州で二番目 ...
続きを読む >
 
 
 

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政
中国共産党は、前例のない徹底した統制 ...
続きを読む >