官製メディア「孟晩舟の釈放は中国の勝利を意味する」

9月25日、ファーウェイの最高財務責任者(CFO)孟晩舟氏が中国に帰国しました。米国との身柄引き渡しをめぐる3年間の戦いを経て釈放されました。中共の官製メディアは、これを中国の勝利と報じました。

中国の通信機器大手ファーウェイのCFOである孟晩舟氏が9月25日夜に、中共政府のチャーター機で広東省の深圳宝安国際空港に到着した際、英雄的な歓迎を受けました。中共の官製メディアは、彼女の帰還を、国と中国人民にとっての「大きな勝利」と称賛しています。

しかし、官製メディアは彼女の釈放条件の詳細を伝えていないようです。

孟晩舟氏が中国への帰国を許されたのは、ファーウェイが米国の対イラン制裁に違反し、銀行詐欺などの不正行為を行ったことを認めたからです。

にもかかわらず、「人民日報」は、この事件を「政治的迫害」の一つだとしています。

この事件に関する中国側の論評では、「米国が中国のハイテク企業を取り締まり」、中国の発展を阻害するために行った「政治的迫害」であるとしています。

中国メディアは孟氏の帰国を歓迎しました。チャーター機が到着した際には、空港がライトアップされ、レッドカーペットが敷かれました。

赤いドレスに身を包んだ孟氏は、空港でのスピーチで、「五星紅旗がある場所には信念の灯台がある。信念に色があるとしたら、それは間違いなくチャイニーズレッドだ」と述べ、中国共産党への称賛と感謝の気持ちを表しました。

官製メディアは、カナダ人のマイケル・スパバ氏とマイケル・コブリグ氏についても、ほとんど触れていません。彼らは、孟氏がカナダで逮捕された直後に中国当局に逮捕されました。

北京当局は、孟氏を逮捕したカナダ政府に報復するために2人を拘束したことを否定しています。しかし、9月24日に孟氏が釈放されてから、わずか数時間後に中共当局は2人のカナダ人を釈放しました。

27日、中共外交部はカナダに対し、この事件から学び、米国のために「汚い仕事」をしないようにと述べました。

孟晩舟氏は2018年にバンクーバーで、銀行詐欺、通信詐欺などの容疑で、米国の要請により逮捕されました。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >