華為CFO 米司法省と司法取引で帰国 拘束のカナダ人2人釈放

米司法省は、中国の通信機器大手、ファーウェイの副会長兼最高財務責任者(CFO)孟晩舟氏を釈放し、中国への帰国が可能とすることで合意しました。また、合意条件を守れば、現在の起訴は来年12月1日まで に取り下げられる可能性があります。

米政府は、カナダ政府に対して身柄引き渡し申請を撤回すると表明しました。

米司法省との間で、孟氏が中国への帰国を可能にする司法取引が合意に達したため、米国への身柄引き渡し申請が取り下げられました。

9月24日、ニューヨークブルックリンの連邦裁判所にオンライン出廷した孟氏は、銀行詐欺および通信詐欺に関する容疑について無罪を主張しました。

米連邦検察によると、虚偽報告の事実関係を認めることと引き換えに、米国は来年12月まで起訴を猶予し、その間被告が合意条件を順守すれば、起訴を取り下げるとしています。

起訴猶予合意が締結されたことにより、米国はカナダへの身柄引き渡し要請を撤回します。

2018年12月、孟氏はバンクーバー国際空港で米国の要請により拘束されました。孟氏は、米国の対イラン制裁に違反し、英金融大手HSBCホールディングスに虚偽報告をした銀行詐欺などの罪で起訴されました。

ファーウェイCFOの孟氏の米国への身柄引き渡しを巡り、3年前から審理が行われていました。孟氏はバンクーバーの自宅に軟禁され、24時間監視されていました。

孟氏の釈放と同時に、カナダ政府は中国で拘束されていたカナダ人の元外交官マイケル・コブリグ氏と実業家のマイケル・スパバ氏が釈放され、出国したことを明らかにしました。2人は孟氏が拘束された数日後に、中国で逮捕・起訴されました。

2人の逮捕は、カナダ政府が孟氏を拘束したことに対する報復措置と考えられています。カナダ政府は、孟氏の拘束に対する報復として、中共政府が2人を人質にしたと非難しています。しかし、中共側は両事件の関連性を否定しています。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >