ビル15棟を45秒で爆破解体=中国雲南省

中国で高層ビル15棟の爆破解体が行われました。解体されたビルは建設工事が途中で停止されてから、7年間放置されていました。これは、これまでに中国で行われた最大規模のビル爆破の様子です。

8月27日、不動産開発業者により4.6トンの爆薬が使用され、ビル15棟の爆破解体が行われました。所要時間わずか45秒で、およそ10億元(約170億円)相当の資産が白い煙とともに崩壊しました。

高層ビルの爆破解体は、中国南西部・雲南省の省都昆明市で行われました。これらのビルは、建設工事が途中で停止されてから7年間放置されていました。開発業者の資金繰りの悪化や度重なる所有権の変更などにより、2014年以降建設が中断されていました。

不動産開発業者は、老朽化が進んだビル15棟が市場での需要を満たせなくなったと考えていました。また、長期にわたり雨水が溜まり地盤が緩むなど、安全面での問題が懸念されていました。解体跡地では新たなプロジェクトが予定されています。

中国各地には、未完成のまま放置されている建築物が多数存在します。上海のような裕福な都市部でも、放置されているケースが見られます。こちらのビルは1999年に建設が開始されましたが、2000年代初頭に建設が中断され、現在も放置されたままです。

また港町・天津では、この超高層ビルが中国北部で最も高いビルになるはずでした。しかし、ビルの開発者は2015年に資金面での問題で建設プロジェクトを取り下げました。

広東省広州市でも同様のケースがありました。160以上のビルが、建築工事が完了できないまま放置され、今は廃墟と化しています。

また中国東北部では、ある大規模な建築物が20年間も放置されたままになっています。建設が完成されれば、アジア最大のテーマパークになる予定でした。

 
 

仏上院議員「法輪功は中共から中傷された」

仏上院議員「法輪功は中共から中傷された」
フランス国防省の管轄機関が9月に発表 ...
続きを読む >
 

「中共の臓器狩りへの対処を」米議会に呼びかける

「中共の臓器狩りへの対処を」米議会に呼びかける
米保守派の草の根組織が、中国共産党の ...
続きを読む >
 

自然免疫はワクチンより優れている」ファイザーからリーク

自然免疫はワクチンより優れている」ファイザーからリーク
潜入取材のジャーナリストが接触したフ ...
続きを読む >