台湾独自 “空母キラー” 「塔江」就役 対中抑止力強化

台湾総統府は最近、台湾海軍が新たな軍艦を就役させたと発表しました。これは、中国共産党政権との緊張関係が高まる中、台湾の防衛力強化計画の一環とされています。

新たに就役した沱江級コルベット艦「塔江(とうえ)」は“空母キラー” とも呼ばれています。台湾の造船企業の「龍德造船」が建造しました。

           クレジットカード決済・銀行振込

蔡英文総統は9月9日、台湾北東部・宜蘭市にある海軍の蘇澳(スーアオ)中正基地での就役式で演説を行いました。

蔡総統は、台湾独自の造船について「台湾が国防において自立する道のりを歩んでいることを証明するものだ」と述べました。

塔江艦は防空能力を備え、対艦ミサイルと対空ミサイルを装備しており、高いステルス性を持ちます。台湾は、2023年までに軍艦6隻の建造を予定しており、塔江艦はその計画における最初の軍艦となります。

蔡総統は、台湾独自の防衛産業の発展を優先課題に掲げてきました。その理由の1つは、中共軍の戦闘機や爆撃機が頻繁に台湾の防空識別圏に侵入しており、軍事的な圧力が高まっているためです。2つ目は、近年、中共政権の外交上での圧力により、他国の台湾への武器売却が妨げられているためです。

中共は、台湾を自国の領土と主張し、武力による統一の気運が高まっています。しかし、台湾は、民主的に選出された指導者と独自の憲法を有しています。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >