ワクチン義務化に反発し多数の職員が辞職

ニューヨーク州では、連邦政府職員とニューヨーク州の職員に対し、中共ウイルスワクチンの接種を義務付けているため、職員の辞職が相次いでいます。

           クレジットカード決済・銀行振込

ニューヨーク州北部に位置するルイス郡総合病院(Lewis County General Hospital in Lowville, N.Y. )は先週、新型コロナワクチン接種の義務化に反発し、多数の職員が辞職しました。病院側は、人員不足により、9月25日からは分娩と新生児治療を中止すると発表しました。病院の他の部署も同じリスクに直面しています。

ニューヨーク州では、州内の全病院と長期療養施設の職員は、9月27日までに1回目のワクチン接種を義務付けられています。

ルイス郡総合病院では、9月10日の時点で、産科スタッフ6人を含む職員30人が辞表を提出しました。 この病院では、職員の73%に当たる460人以上が、少なくとも1回目のワクチン接種を終了しています。 残りの165人は未接種で、9月27日の期限までに摂取するかどうかについて意思表示をしていませんでした。

病院側は、辞職者が多いため、分娩業務を休止せざるを得ない事態になったとしています。

 
 

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか
欧州は中国の国有企業が、欧州で二番目 ...
続きを読む >
 
 
 

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政
中国共産党は、前例のない徹底した統制 ...
続きを読む >