「死刑をも辞さない」中共の軍機関紙が警告

中国共産党の「解放軍報」は9月13日の記事の中で、習近平総書記への忠誠心を表明すると同時に、江沢民一派には死刑をも辞さないという警告を発しました。

           クレジットカード決済・銀行振込

「厳格な規律、人民軍は勝利から勝利へ」と題した4,300字におよぶ記事の中で、「規律」という言葉が75回も使われています。文章では、習近平氏への忠誠心を示すだけでなく、「郭伯雄(かく・はくゆう)、徐才厚(じょ・さいこう)、房峰輝(ぼう・ほうき)、張陽」の4人を再び名指しし、抗日戦争中に汚職で死刑判決を受けた肖玉璧(しょう・ぎょくへき)の例を挙げて、江沢民派に対して警告を発しました。

評論家は、習近平氏が発した「軍の中に腐敗分子が存在してはならない」という言葉は、実際には「決して江沢民派の腐敗分子がいてはならない」という意味であり、中共中央軍事委員会の機関紙がこれほど強烈な長文記事を掲載するのは、近年では稀に見ることだと考えています。

 
 

中国の新卒者数が過去最高 依然続く就職難【禁聞】

中国の新卒者数が過去最高 依然続く就職難【禁聞】
中国の高等教育機関新卒者の数が、毎年 ...
続きを読む >
 
 

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか
欧州は中国の国有企業が、欧州で二番目 ...
続きを読む >