西安市「千人計画」 で外国人研究者243人リクルート=2020年

外国における技術情報の窃取を図る中国共産党の動きは衰えていません。大紀元時報が入手したリーク文書によると、ハイレベル人材を招致するための国家プロジェクト「千人計画」により、陝西省西安市だけでも昨年、数百人もの優秀な外国人科学者がリクルートされています。

中国共産党中央組織部が主管する「千人計画」は、外国人や海外に住む中国人を対象として、高度な技術を持つ人材の獲得を目的としています。高額な研究資金や報酬などの厚遇で、中国での研究や海外における研究成果の提供が要求されます。

大紀元が入手した文書は、陝西省の西安市当局からリークしたものです。リーク文書は今年3月付けのもので、西安市は昨年、243人の外国人研究者を採用したことを明らかにしています。採用された研究者らは、ネットワーク、人工知能、マイクロチップなどさまざまな最先端技術分野をカバーしており、米国航空宇宙学会(AIAA)の会員も採用されています。

米国のマイク・ポンペオ前国務長官は、中共の「千人計画」は外国の技術や知的財産を窃取するための手段であると警告しています。ポンペオ氏は、「これは多額の報酬と引き換えに、優秀な科学者や教授を雇い、米国の技術を盗用するためのプロジェクトだ」と指摘しています。

米連邦捜査局(FBI)は、これまで千人計画に参与した多くの研究者を逮捕・起訴してきました。昨年、FBIは米ゼネラル・エレクトリック(GE)の元技術者を産業スパイと企業秘密の窃取容疑で起訴しました。また、2019年には、テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターが、千人計画と関連のある3人の教授を解雇しました。

2018年以降、FBIは千人計画と関連する研究者の逮捕・起訴の動きを強めています。

〈共産主義幽霊が世界を支配している〉再生リスト

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >