ブラックスワンが北京・天安門広場に

最近、中国の首都・北京で珍しい光景が見られました。

9月5日の朝、天安門広場での五星紅旗掲揚式の直後、黒い白鳥(ブラックスワン)が現れました。

ブラックスワンは、近くにいた観光客の注目を集めました。

ブラックスワンはその後、午前8時頃に北京の野生動物保護センターの職員により捕獲されました。ブラックスワンは、天安門広場近くの森林公園から飛んできたのではないかと推測されています。

この出来事は、ネットユーザーの間で議論を巻き起こしました。

中共の習近平総書記は、今年1月に開催された中央政治局集団学習会での演説で「ブラックスワン」に言及しており、様々なリスクと課題をよく予見しなければならず、「ブラックスワン」ような現象に備える必要があると警告を発しました。

「ブラックスワン」は、金融業界において予測が困難で、発生確率は低いものの、甚大な影響をもたらす事象を意味します。

ブラックスワンが飛来した場所は、中国人にとって深い歴史的意義を持つ場所です。

1989年、中国全土では学生や市民が、中国共産党の腐敗打倒や民主主義及び自由を求め、抗議活動を行いました。その中心となったのが天安門広場でした。しかし、中央指導部は中共軍による鎮圧に踏み切り、多くの人を虐殺し、逮捕しました。死者数は、当局発表では数百人としているものの、数千人から1万人規模との見方が有力視されています。同事件は、現在も中共当局により、最も厳しく検閲されている話題の一つとなっています。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >